ネット通販アイデア

無料ギフトラッピングをやめよう!?

ラッピング

「無料ギフトラッピング」のコピーで、ラッピングを無償提供するネットショップも多いですが、いかにラッピング資材のコストを抑えて提供するか、頭を悩ませていると思います。そこで、今回は「無料ギフトラッピング」をやめてしまおう!という提案です。

代わりにスタートするのは「有料ラッピング」

基本的な考え方は「無料ラッピングで貧素なサービスをするくらいだったら、有料で立派なギフトラッピングを提供する」というもの。これには顧客単価がアップするという相乗効果もついてきます。

amazon.co.jp の場合
ギフトラッピング

amazon.co.jp カート内で「ギフト設定」を選択

ギフトラッピング

複数の有料ラッピングが用意されています

ZOZOTOWN の場合
ギフトラッピング

ZOZO TOWNではサイズや資材別に複数の有料ラッピングが用意されています。

ギフトラッピング

有料ギフトラッピングだけでなく、ギフト向けの商品提案導線も


昔から、街の雑貨屋さんで当然のようにお願いしていた「無料ラッピング」ですが、ネットショップでも慣習的に「無料ラッピング」しがち。

結局、もうしわけ程度の簡素なラッピングで、お客さんの満足度を得られないくらいなら、「有料ラッピング」でも丁寧なサービスを提供したほうが、お買いものの満足度は高くなると思われます。

一点、注意しておきたいのは「ラッピング」を同梱することで、商品の梱包のサイズが大きくなり、配送費が高くなるようであれば、せっかくの顧客単価アップも水の泡に消えてしまいます。かさばりにくいラッピング資材を用意するか、対象商品を制限するなどの工夫をしたいところです。

PAGE TOP